もう絶対に肌を乾燥させない!乾燥肌のための洗顔方法まとめ

もう絶対に肌を乾燥させない!乾燥肌のための洗顔方法まとめ

洗顔はしっかり泡だつものを使う。朝は水だけで洗顔する。肌が弱いから洗顔は固形石鹸で。これ、正しいようですが実は全部間違った洗顔方法です。乾燥肌には乾燥肌に合う洗顔方法があります。流行や人気のアイテムに惑わされず、自分に合った洗顔方法を見つけましょう!


乾燥肌には乾燥肌の洗顔方法がある

洗顔はたっぷりの泡を立てて、肌をこすらず、泡だけで顔を洗うようにしましょう。この基本の洗顔方法はとても大切です。どんな肌質でも、どんな肌の悩みがあっても、絶対に守った方が良い洗い方です。

でも、だからと言って、泡立ちがよく洗浄力が高い洗顔料を使っていませんか?この洗い方だと肌が乾燥するからといって、水だけで洗顔したりしていませんか?実はどちらも乾燥肌には合わない洗顔方法なのです。

この洗顔は、乾燥肌には合いません

肌には優しそうだけど実は乾燥肌には合わない洗顔にはこんなものがあります。よくある方法ばかりです。知らずに続けてしまっているなら、今日からやめてみてください。

泡立ちの良い洗顔料を使うこと

洗顔は確かに、しっかり泡立てて泡でマッサージするように洗うのが基本の洗い方です。でも、だからといって泡立ちが良すぎる洗顔料を使うのは乾燥肌には危険です。泡立ちが良い洗顔料の多くは洗浄力が高く、その洗顔を使うだけでも洗いすぎになってしまいます。乾燥肌に悩んでいるなら、多少泡立ちが悪くても、肌にやさしい洗浄料を使っていることを優先しましょう。

水だけで洗顔すること

乾燥肌の方の間で一時とても流行した、水洗顔。肌を洗いすぎず潤いも残せるので、良い洗顔方法のように感じます。でも、この方法だとホコリは落とせても落とさなければいけない皮脂は残ります。残った皮脂は酸化してニキビや肌荒れの原因になります。放置すると肌の老化を促進することもわかっています。「洗わなすぎ」もまた、良くない方法なのです。

固形石鹸で洗顔すること

固形石鹸なら肌にやさしいだろうと洗顔に使われている方もいるでしょう。でも、固形石鹸も乾燥肌の洗顔には向きません。石鹸も天然の界面活性剤です。しかも油汚れをしっかり落とす力があるので、残しておきたい潤いもしっかり洗い流してしまいます。石鹸であれば洗顔向けに開発された洗顔石鹸を使いましょう。

おすすめは、泡立ちの悪い洗顔料

では乾燥肌に良い洗顔はどんなものなのでしょうか?

お肌の水分保持力は、角質層の細胞間脂質(セラミドなど)が約80%、NMF(天然保湿因子)が約18%、皮脂膜が2%を担っています。
この細胞間脂質やNMF(天然保湿因子)、皮脂膜が損なわれた状態の乾燥肌の人は、汚れはしっかり落としつつ、なるべく皮脂膜や、細胞間脂質、天然保湿因子を洗い流してしまわない洗顔剤を選ぶ必要があります。

皮脂膜や保湿因子を洗い流さない洗顔としてあげられるのが、合成界面活性剤フリーの洗顔料です。特にアミノ酸系洗浄料が使われているものがおすすめです。

アミノ酸系の洗浄料が泡立ちが悪いものが多いですが、肌に優しいです。市販の中では敏感肌向けの洗顔料などに多く使われています。

オイルやセラミドは洗いすぎを防げる

さらに潤いを残して洗い上げるために、オイルやセラミドなどの保湿成分が入っているものを選びましょう。洗顔料なので保湿成分を肌に補給することはできませんが、洗顔中の肌を守って、潤いを残すのに役立ちます。

泡立てネットでしっかり泡立てて使う

泡立ちが悪いものが多い乾燥肌向け洗顔料ですが、泡立てネットで丁寧に泡立てたらしっかり泡を立てることが可能です。洗顔料をほとんど泡立てずに洗ってしまっては、どれだけやさしい洗顔料を使っても何の意味もありません。それは絶対に避けましょう。

乾燥肌の基本の洗顔方法:こすらず押さず、やさしく洗う

肌の汚れを落としながら、できるだけ多くの潤いを残すことが乾燥肌の洗顔のコツです。

皮脂が過剰になりやすい「おでこや鼻(Tゾーン)」から泡をのせていきましょう。
おでこ中央からこめかみに向かって大きく円を描くように指を動かしましょう。小鼻周辺は汚れが溜まりやすい部分なので、指先を使って泡をクルクルと転がしながら丁寧に洗います。
その後、頬へと進んでいきます。頬はおでこや鼻よりも皮脂が少ない部分なので、泡で肌を優しく「なでる」イメージで洗いましょう。
最後に、皮膚が薄い口元や目元に泡を乗せます。口元や目元はデリケートな部分なので、短時間の間泡を乗せるようなイメージで軽く洗顔しましょう。

よく泡でマッサージするようにと言われますが、乾燥肌の場合は泡をのせるだけでも良いくらいです。とにかく優しく丁寧に洗顔するようにしましょう。

洗顔の見直しでコツコツ肌質改善

たかが洗顔、されど洗顔です。肌にできるだけ潤いを残せれば、スキンケアで補う必要もなくなります。洗顔を変えただけで、ひどい乾燥があまり気にならなくなったということもありえます。

肌質は年齢や環境、自分の体調でも変わるものです。諦めずに丁寧に、自分に合った洗顔をしていきましょう!

関連するキーワード


乾燥肌 洗顔方法

関連する投稿


その汚肌、乾燥から来ているかも?!冬が怖くなくなる乾燥対策

その汚肌、乾燥から来ているかも?!冬が怖くなくなる乾燥対策

化粧水を使っても使ってもなんだか乾燥している気がする、ファンデののりが悪い…。そんなあなたはインナードライかもしれません。自分ではオイリー肌と思っていても本当は違うかも?今すぐ自分のケアを見直してみてはいかがでしょうか。


最新の投稿


健康診断&人間ドックを横浜東口クリニックで受けてきました!

健康診断&人間ドックを横浜東口クリニックで受けてきました!

久しぶりに受けてきましたー! これから受ける方の参考になれば幸いです。


話題の飲む日焼け止め選ぶならどれ?

話題の飲む日焼け止め選ぶならどれ?

最新UV対策は体のなかかからのケア。塗り忘れる心配もない飲む日焼け止めが話題ですが、たくさんありすぎてどれを選んだらいいかわからないというほど。それぞれの特徴を選び方を紹介します。


審美歯科も身近なものに♡最近話題の「ルミネアーズ」とは?

審美歯科も身近なものに♡最近話題の「ルミネアーズ」とは?

歯の綺麗さでその人の印象が変わってきますよね。最近では審美治療を受けて、美しい歯になる人も増えています。そこで、痛くない審美歯科だと話題になっている治療法をご紹介します!



医療脱毛徹底比較!!~医療脱毛に失敗したくない方へ~

医療脱毛徹底比較!!~医療脱毛に失敗したくない方へ~

どうせ脱毛するなら医療脱毛をしたい!!医療脱毛に興味がある方も多いかと思いますが、クリニックが沢山あってどこを選べばいいのか分からない・・・そうお困りではありませんか?以前に比べたらリーズナブルにはなったものの、どうせお金を掛けるなら失敗したくないですよね。今回はおすすめの医療脱毛ランキングをご紹介致します♪