くすみを解消して、ワントーン明るい肌に!くすみの原因と解決方法

くすみを解消して、ワントーン明るい肌に!くすみの原因と解決方法

なんだか肌に元気がない、肌の色が暗い、と感じる肌のくすみ。肌がくすんでいると、不健康なイメージにとられたり、老けて見られてしまうことも多いですよね。 そんなくすみ肌とさよならして、もっと透明感のある明るい肌になりましょう。


肌のくすみには種類がある!あなたは何タイプ?

1、乾燥によるくすみ

お肌が乾燥して、ガサガサの状態のまま放っておくと、お肌の表面からハリが失われ、暗い色になってしまいます。疲れた印象を与えてしまったり、肌がカサついているので、メイクも乗りにくくなってしまいます。

乾燥肌の大きな原因は、肌の保湿が不足していることです。自分では十分に保湿しているつもりでも、季節による乾燥や、年齢とともに失われていく肌の油分によって、乾燥肌になってしまうのです。


いつもと同じスキンケアでは、保湿が足りていないのかもしれません。もっと保湿するように心がけて、スキンケアを行っていきたいですね。

2、血行が悪いことによるくすみ

肌に赤みがなく、青黒っぽく見えてしまうのは、血行が悪いことによって起きるくすみです。乾燥の場合と同じように、不健康な印象を与えてしまいます。血行が悪いと、肌の状態も悪くなってしまいがちです。

血行が悪くなってしまう原因は、毎日のストレスや睡眠不足、食生活の乱れや睡眠不足などが考えられます。規則正しい生活はできているか、しっかり栄養は取れているかどうか、もう一度確認してみた方が良いでしょう。

また、冷えが原因で血行が悪くなっている可能性もあるので、なるべく体を冷やさないように気をつけたいですね。半身浴などをゆっくりすることで、体も心もほっと一息つくと良いでしょう。

3、メラニン色素によるくすみ

しみと同じような状態で、顔全体が茶色っぽく見えてしまうくすみです。紫外線を浴びたことによる、メラニン色素の沈着化によって、くすんでしまうのですね。ファンデーションをのせても、明るい肌に見せるのは、なかなか大変です。


メラニン色素によるくすみの原因は、紫外線による肌への刺激です。長時間紫外線を浴び続けたり、さらにそこに摩擦などの刺激を与えてしまうことによって、肌の組織が痛んでしまうのですね。

紫外線をまったく浴びないというのは不可能ですよね。そこで、「今日は紫外線をいっぱい浴びたな」と思ったら、しっかりと保湿して、ケアしてあげることが大切です。ビタミンC誘導体の入った化粧水や美容液を、毎日のケアに取り入れることで、少しずつ透明感のある肌に変わっていくでしょう。

くすみを悪化させてしまう習慣とは?

くすみを解消したい!と思ったら、まず保湿を心がけることが大切です。それに加えて、毎日の習慣をここで見直してみると良いかもしれませんね。肌にとって良くないことばかりを続けていると、やがて年齢を重ねたときに、化粧品では解決できない状態になってしまいます。

寝不足や喫煙は、肌のくすみを悪化させてしまう原因になるかもしれません。忙しい毎日の中で、ストレスがたまり、寝る時間も取れない上に、タバコを1日に一箱以上吸っている、という状態では、透明感のある素肌は夢のまた夢です。アルコールの過剰摂取も、肌のくすみの原因になります。

まずは、規則正しい生活を心がけてみましょう。毎日の積み重ねが、くすみのない肌を作る近道です。

くすみ解消の強い味方!コントロールカラーで明るい肌に!

くすみをなくすために、日々努力しているけれど、どうしてもくすみが気になる!という方は、メイクでくすみを手取り早く隠してしまいましょう。

普段は下地とファンデーションだけ、という方は、コントロールカラーをうまく使いこなすことで、くすみをカバーすることができます。肌がくすんで見えるのは、ファンデーションの下の素肌の色が暗いからなので、そこをカバーしてあげれば、解消できるというわけですね。

1、乾燥によるくすみにはパープル

乾燥でカサついた肌によるくすみは、全体的にグレーっぽく見えてしまうので、パープルのコントロールカラーで明るく透明感をプラスします。保湿効果のあるものを使うと、さらに良いでしょう。

2、血行が悪いことによるくすみには、ピンク

血行が悪く、青っぽく見えてしまう肌色には、ピンクをプラスすることによって、健康的で明るく、若々しい肌に見せることができます。

3、メラニン色素によるくすみには、イエロー、オレンジ系

紫外線によるメラニン色素のくすみには、イエローやオレンジのコントロールカラーをプラスしましょう。そうすることで、茶色っぽく見える色素をカバーし、明るく輝くような肌に見せてくれます。

4、もっと透明感を出したい!と思うときはグリーン

さらに、なんとなく透明感が足りない、と感じるときには、グリーンのコントロールカラーを使ってみてください。赤みが気になる方にもオススメです!涼やかで、透明感のある、クールな肌に仕上げることができます。

最後に

いかがでしたか?

肌がくすんでいると、つい落ち込んでしまいがちですが、原因とタイプを知ることによって、解消できるのですね。コントロールカラーなどもうまく活用して、くすみとは無縁の、透明感あふれるツヤツヤの肌を目指していきましょう!



関連するキーワード


くすみ 美肌

最新の投稿


健康診断&人間ドックを横浜東口クリニックで受けてきました!

健康診断&人間ドックを横浜東口クリニックで受けてきました!

久しぶりに受けてきましたー! これから受ける方の参考になれば幸いです。


話題の飲む日焼け止め選ぶならどれ?

話題の飲む日焼け止め選ぶならどれ?

最新UV対策は体のなかかからのケア。塗り忘れる心配もない飲む日焼け止めが話題ですが、たくさんありすぎてどれを選んだらいいかわからないというほど。それぞれの特徴を選び方を紹介します。


審美歯科も身近なものに♡最近話題の「ルミネアーズ」とは?

審美歯科も身近なものに♡最近話題の「ルミネアーズ」とは?

歯の綺麗さでその人の印象が変わってきますよね。最近では審美治療を受けて、美しい歯になる人も増えています。そこで、痛くない審美歯科だと話題になっている治療法をご紹介します!



医療脱毛徹底比較!!~医療脱毛に失敗したくない方へ~

医療脱毛徹底比較!!~医療脱毛に失敗したくない方へ~

どうせ脱毛するなら医療脱毛をしたい!!医療脱毛に興味がある方も多いかと思いますが、クリニックが沢山あってどこを選べばいいのか分からない・・・そうお困りではありませんか?以前に比べたらリーズナブルにはなったものの、どうせお金を掛けるなら失敗したくないですよね。今回はおすすめの医療脱毛ランキングをご紹介致します♪