常識スキンケアは実は間違ってる???しっかり押さえてみんなと差をつけちゃいましょう!!

常識スキンケアは実は間違ってる???しっかり押さえてみんなと差をつけちゃいましょう!!

いつも何となくしているスキンケア。 でも「このスキンケアで本当にいいの?」と考えて事はありませんか? 普段しているスキンケアが実はお肌にダメージを与えているかもしれません!! 意外と知らないお肌にあったスキンケアの正しい方法をご紹介します。


スキンケアの役割を知っていますか?

shopにいくとたくさんのスキンケア商品があふれていますよね。
こんな商品を見ていると「私が普段しているスキンケアは本当にあっているのかな?」なんて考えちゃうのはわたしだけでしょうか?

中には、これと決めたらそのスキンケア1本の一途な人から新しい商品は必ず試すチャレンジャーさんもいらっしゃることでしょう。


でもそもそもスキンケアの役割ってご存知でしたか?
意外と知られていない人もいるようです。
ここを抑えておかないと正しいスキンケアの道は遠い・・・ということでまとめてみました。

クレンジング

クレンジングとはご存じの通り「化粧を落とす」ということですね。
化粧品には油分が含まれているため、水だけでは落とすことができません。
そのためクレンジング剤が必要となってくるのですね。


顔についた油分を落とす役割をしているわけですから、化粧をしていないときは使う必要がないというわけです。
クレンジングはあくまでも、「化粧を落とす役割」ということを覚えておいてください。

クレンジング剤に「化粧も落とす洗顔」というものもありますが、化粧をしていない時は基本は避けるべきです。
無駄に顔の油分を取ってしまう可能性がありますよ。

クレンジングしながらマッサージをするスキンケアの方法もありますが、あまり長時間することはおすすめしません。
クレンジングが顔についている間中、油分は失われていくことを頭の入れておいてくださいね。

洗顔

洗顔剤は汗や垢、古い角質などの水性の汚れを落とす役割があります。
肌の残ってしまったクレンジング剤を落としてくれる役割も担っています。

当然1日の終わりにはしっかりと洗顔剤を使って洗顔することが大切ですし、寝ている間も汗をかきますので朝も洗顔剤が必要となります。

クレンジング剤は「肌の汚れをおとす」ことを目的としているということですね。

化粧水

化粧水は洗顔で失われてしまった潤いを補う役割をしています。

でも勘違いしがちなのが、化粧水をつければ潤いが満たされたとしてそこでおわってしまうことです。
化粧水はそのほとんどが「水分」でできています。
そのため、化粧水をつけた時は潤っているように感じてもすぐに乾燥してしまうのです。
大きな落とし穴ですよね。

化粧水の成分を逃がさないためにもすぐに乳液やクリームなどで蓋をする必要があるのです。

美容液

美容液は濃縮された保湿成分や美容成分が配合されたものが一般的です。
いうなればお肌の栄養ドリンクですね。

お肌の悩みがある時にはそれに適した美容液を使うといいでしょう。
問題があったときにだけ使うというよりも、普段からしっかりと使いましょう。

乳液・クリーム

化粧水のところでも触れましたが、お肌の保湿のためには欠かせないものです。

油分と聞くとあまりいいイメージはないかもしれませんが、肌のうるおいを保つにはこの油分も必要なのです。
乳液やクリームをつけるとてかるからつけたくないという人もいますがそれは大きな大きな間違いなんです。
化粧水だけでおわっていると、その化粧水が蒸発するときにお肌の水分も一緒に失われていきます。

乳液とクリームの違いは、水分と油分の違いです。
クリームの方が油分の率が多いといえます。

正しいスキンケア方法

役割がわかったところで本題です。
正しいスキンケアの手順とやり方についてご紹介します。

まず何をするのしても最初には必ず手を洗いましょう。
手にはたくさんの見えない菌が付着しています。
そのままデリケートな肌を扱うことは様々な肌トラブルを引き起こすことになります。

お肌の表面には善玉菌と悪玉菌の2つが存在しています。
それが絶妙なバランスになっているのですが、手に付着した菌がそこに加わると一気にそのバランスが崩れてしまい肌トラブルにつながるのです。

ニキビがいい例ですね。
ご存じのアクネ菌は誰の肌にも存在する菌なのですが、それが悪さしてニキビになるのです。
それはやはり菌のバランスが問題だといえるでしょう。

1.クレンジング

まずはクレンジングです。
化粧を落とすときは全てを一緒に落とさないことをオススメします。

①口、目元の濃いメイクを落とす。
部分的な優しくおとしましょう。

②手のひらにクレンジング剤を出す。
乾いた手、濡れた手などお使いのクレンジングのタイプによって違いますのでよくチェックしてくださいね。
クリームやジェルタイプのものは軽く手の中で温めると落としやすいですよ。
また、洗う際はできるだけ肌に負担をかけないようにしましょう。

③Tゾーンを洗う
Tゾーンになじませます。
こすらないことと時間をかけすぎないことがポイントです。

 

④人肌程度のぬるま湯で洗う
洗うお湯が熱すぎてしまうと、必要な油分までも落としてしまい乾燥を引き起こします。
逆に冷たい水だと、クレンジングが固まってしまい本来の役割を果たすことができなくなってしまいます。

くれぐれもこすらず、優しくなでるように洗い流しましょう。

2.洗顔

クレンジングが終われば次は洗顔ですね。
手順をみていきましょう。

①洗顔剤をよく泡立てる。
泡で洗うイメージですね。
今は簡単にきめ細かな泡をつくれるアイテムがたくさんありますので活用するといいでしょう。

②Tゾーン、Uゾーンをあらう
くるくると円を描くように汚れとなじませていきます。
ごしごしと力を入れがちですが、絶対にいけません!!
やさしく、やさしく・・・です。

③人肌程度のぬるま湯で洗う
クレンジングと一緒ですね。

④タオルでふく
この時も注意が必要ですよ。
洗顔後のお肌は油分・水分が失われ、とてもデリケートになっています。
ごしごしと拭いてしまってはそんなお肌がボロボロになってしまいます。
考えただけでも恐ろしい・・・。
せっかくやさしく洗った意味がありませんね。

タオルは肌にやさしい滑らかなものを選び、そっと顔にてるようにして水分を拭き取りましょう。

3.化粧水

①乾いた手・コットンに染み込ませる
乾いた手でもコットンでもどちらでも大丈夫です。
でも手だとなじませむらができてしまう可能性もあるのでコットンがある場合はそちらの方が無難かもしれませんね。
コットンにすると化粧水を余分に使うことになるので、どちらかお好みの方法を選択してください。

②顔全体になじませる
肌に浸透させるイメージでしっかり包み込みましょう。
乾燥する部分はより丁寧にしましょうね。

4.美容液

①手の甲に出す
少量にして出し過ぎには注意しましょうね。

②まずは気になるところに
最初は集中的に気になる部分のケアをしまししょう。

③顔全体になじませる
集中ケア後、顔全体になじませるようにしましょう。

5.乳液・クリーム

化粧水の手順と変わりありません。

集中ケア後に全体になじませましょう。
乳液・クリームは保湿の役割をするということを頭に置きながら、ゆっくり肌を覆うようになじませていきましょう。

まとめ

1~5を手順通り続けることがお肌にとって一番いいスキンケアと言えるでしょう。
手順的には難しいことはひとつもなかったはずです。
これを毎日続けていくことが大事です。
大切なことは「お肌はデリケートなもの、大切に優しく扱う」ということです。

やさしくやさしく、お肌をケアしてあげてください。
これできっと周りの友だちよりもお肌がきれいなことは間違いなし!!
日頃にスキンケアを大切にして友だちと差をつけちゃましょう。

最新の投稿


健康診断&人間ドックを横浜東口クリニックで受けてきました!

健康診断&人間ドックを横浜東口クリニックで受けてきました!

久しぶりに受けてきましたー! これから受ける方の参考になれば幸いです。


話題の飲む日焼け止め選ぶならどれ?

話題の飲む日焼け止め選ぶならどれ?

最新UV対策は体のなかかからのケア。塗り忘れる心配もない飲む日焼け止めが話題ですが、たくさんありすぎてどれを選んだらいいかわからないというほど。それぞれの特徴を選び方を紹介します。


審美歯科も身近なものに♡最近話題の「ルミネアーズ」とは?

審美歯科も身近なものに♡最近話題の「ルミネアーズ」とは?

歯の綺麗さでその人の印象が変わってきますよね。最近では審美治療を受けて、美しい歯になる人も増えています。そこで、痛くない審美歯科だと話題になっている治療法をご紹介します!



医療脱毛徹底比較!!~医療脱毛に失敗したくない方へ~

医療脱毛徹底比較!!~医療脱毛に失敗したくない方へ~

どうせ脱毛するなら医療脱毛をしたい!!医療脱毛に興味がある方も多いかと思いますが、クリニックが沢山あってどこを選べばいいのか分からない・・・そうお困りではありませんか?以前に比べたらリーズナブルにはなったものの、どうせお金を掛けるなら失敗したくないですよね。今回はおすすめの医療脱毛ランキングをご紹介致します♪