第一印象は歯で決まる?! 健康な歯をキープ ホワイトニング 

第一印象は歯で決まる?! 健康な歯をキープ ホワイトニング 

みなさん、ホワイトニングしていますか? 昔は「芸能人は歯が命」でしたが、現在では芸能人だけではなく広く一般の方までホワイトニングをしています。 ホワイトニングをしていると、歯が白く見え、それだけで清潔な印象を与えることができます。 では、ホワイトニングにはどんな種類があるのか見てみましょう。


ホワイトニングの種類

ホワイトニングにはいくつか種類があります。それぞれのメリットとデメリットがあるので見てみましょう。
1.ホームホワイトニング
自宅で自分で行うホワイトニングです。マウスピースを作成し、そこに専用のホワイトニング剤を塗布、歯に装着するタイプです。
メリットとしては自宅でできること・比較的安価なことが挙げられます。
デメリットとしては歯が白くなるまでに時間がかかること(個人によって差があります)・基本的に毎日2時間装着が必要なこと。
特に、2時間装着し、何もその間飲まない・食べない、というのは慣れないうちはキツイかもしれません。また2時間以上の装着も危険ですので睡眠中に行う、ということもできません。
2.オフィスホワイトニング
こちらはホワイトニングを行っている歯医者に行ってしてもらうものです。高濃度のホワイトニング剤を使用し、特殊な光を当てることによって効果を高めていきます。
メリットとしては、やはりすぐに効果がわかること。1回の施術で白くなった!と感じる人も多いです。
デメリットとしては通院が必要なことと、高価であること。1回でも効果を感じる方はいますが、1回のみですと飲食物の再着色がしやすいため、数回の通院が勧められます。
3.デュアルホワイトニング
上記のホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを併用するパターン。
メリットは両方いいとこどりなところでしょうか。オフィスで効果を実感した後、定期的に自宅でもホワイトニングを続けることにより、効果が持続します。
デメリットとしては通院も数回繰り返すため、比較的費用が掛かること。
それぞれメリット・デメリットがありますのでご自分のライフスタイルに合わせて選んでいくことが必要です。

ホワイトニングの安全性

ホワイトニングって危険性はないのでしょうか?自分の体のことなので気になりますよね。
ホワイトニングは基本的に安全です。歯科医の指示に従い、正しくホワイトニングをしていれば、危険性はないといえます。
ホワイトニングに使用されている薬剤は過酸化水素を主としているものが多いです。こちらは体や口内の消毒にも使用されているもので、FDA(米国食品医薬品局)においてもその安全性を認証されています。
もし危険があるとしたらホームホワイトニングでしょう。ホワイトニングは美容行為のような感じがしますが、実際は医療行為。正しく行わないと痛みを伴うこともあります。自宅でホワイトニングをする際少しでも以上を感じたら、すぐに歯科医にかかりましょう。

効果が得られない歯とホワイトニングができない時期

すべての歯を白くしたいというときにも、できない方がいらっしゃいます。
歯の表面に亀裂・ひびがある場合、虫歯の場合は施術する際に薬剤がしみてしまうので避けたほうが無難です。また知覚過敏のある歯も薬剤がしみやすかったりするので、効果が少し遅くはなりますが濃度の低いものを選ぶなど、歯科医と相談してペースを決めていきましょう。
医学的に悪影響を及ぼす、といった報告はまだないのですが、逆に安全性を報告する事例もまだないので、妊婦・授乳中の方も施術を避けるのが一般的です。
光過敏症・無カタラーゼ症の方も要注意です。これらにかかっている方は残念ながら通常のホワイトニングは避けてください。光過敏症の方は、オフィスホワイトニングで行う際にLEDやハロゲンの熱照射に弱いため、ホームホワイトニングを選択するようにして下さい。その際も歯科医との相談をお忘れずに。無カタラーゼ症の方は過酸化物の分解が医学的に行えない体質であるため、過酸化水素を使用したホワイトニングは危険な疾患を招きますのでご注意ください。

歯のマニキュア?

こちらはホワイトニングとは異なり、歯の上に薬剤を塗布することで白く見せるものです。
歯にジェルネイルを塗っていくような感覚といえるでしょうか。
ホワイトニングと同じく、自宅でセルフで行うものと、歯科医にかかって塗ってもらう方法と2種類あります。
ホワイトニングと異なり、速攻で白く見せることができるため、結婚式など特別な日に間に合わせたい!という方にはベストな方法といえるでしょう。
費用は自宅で行う場合薬剤を購入するだけですので安価ですが、あまり器用でない方は、歯科医に塗ってもらったほうが仕上がりもきれいになりますのでおすすめです。

++++++
歯のホワイトニングにはいくつか種類があることがご理解いただけましたでしょうか。
メリット・デメリット両方を考慮してご自分にあった方法を選んでください。
歯の健康を大切にしていきましょう。

関連するキーワード


ホワイトニング

関連する投稿


審美歯科も身近なものに♡最近話題の「ルミネアーズ」とは?

審美歯科も身近なものに♡最近話題の「ルミネアーズ」とは?

歯の綺麗さでその人の印象が変わってきますよね。最近では審美治療を受けて、美しい歯になる人も増えています。そこで、痛くない審美歯科だと話題になっている治療法をご紹介します!


歯のホワイトニング。自宅で簡単、ワンコインからホワイトニングしたい人へ。

歯のホワイトニング。自宅で簡単、ワンコインからホワイトニングしたい人へ。

ホワイトニングに興味はあれど、なかなか高価で行きにくい…。もしそう思っているなら、歯磨き粉でケアしてみませんか?ワンコインから始められるホワイトニング。今すぐドラッグストアに駆け込んでみましょう。


白い部分はとことん白く!目のホワイトニング

白い部分はとことん白く!目のホワイトニング

みなさん、目のホワイトニングって知っていますか?実は目のホワイトニングは新しい美の基準ともいわれています。白いところが白いだけで女性は美しく見えるのです。今や肌や歯が白いのは当たり前。目の健康にも気を遣う時代です。


女優のような美しい口元に! 審美歯科「オールセラミッククラウン」治療のまとめ

女優のような美しい口元に! 審美歯科「オールセラミッククラウン」治療のまとめ

現在多くの女優さんは審美歯科で治療をし、美しい口元を手に入れています。 その多くは、オールセラミッククラウンを使った治療です。 そんなオールミッククラウンの治療法、治療費などまとめてみました。


審美歯科で美しい口元を手に入れる! 審美歯科に関するまとめ その7 歯と歯ぐきの境の色

審美歯科で美しい口元を手に入れる! 審美歯科に関するまとめ その7 歯と歯ぐきの境の色

口元は顔の印象を左右する大事なパーツです。 「芸能人は歯が命」というCMのフレーズは有名ですよね。 美容整形医院に併設されていることも多い、美しい口元を作る審美歯科についてまとめました。


最新の投稿


健康診断&人間ドックを横浜東口クリニックで受けてきました!

健康診断&人間ドックを横浜東口クリニックで受けてきました!

久しぶりに受けてきましたー! これから受ける方の参考になれば幸いです。


話題の飲む日焼け止め選ぶならどれ?

話題の飲む日焼け止め選ぶならどれ?

最新UV対策は体のなかかからのケア。塗り忘れる心配もない飲む日焼け止めが話題ですが、たくさんありすぎてどれを選んだらいいかわからないというほど。それぞれの特徴を選び方を紹介します。


審美歯科も身近なものに♡最近話題の「ルミネアーズ」とは?

審美歯科も身近なものに♡最近話題の「ルミネアーズ」とは?

歯の綺麗さでその人の印象が変わってきますよね。最近では審美治療を受けて、美しい歯になる人も増えています。そこで、痛くない審美歯科だと話題になっている治療法をご紹介します!



医療脱毛徹底比較!!~医療脱毛に失敗したくない方へ~

医療脱毛徹底比較!!~医療脱毛に失敗したくない方へ~

どうせ脱毛するなら医療脱毛をしたい!!医療脱毛に興味がある方も多いかと思いますが、クリニックが沢山あってどこを選べばいいのか分からない・・・そうお困りではありませんか?以前に比べたらリーズナブルにはなったものの、どうせお金を掛けるなら失敗したくないですよね。今回はおすすめの医療脱毛ランキングをご紹介致します♪