女の子ならボンキュッボンな体系に憧れる!理想的な胸を手に入れる方法とは?

女の子ならボンキュッボンな体系に憧れる!理想的な胸を手に入れる方法とは?

理想的なバストを手に入れるためには、さまざまな工夫が必要です。 手術とかってどんな方法があるの?


バストアップするにはどうしたらいいの?

バストの成長を妨げる要因は、大きく分けると3つ(バストの下垂・乳腺の未発達・ブラジャーのつけ方&選び方の間違い) と紹介していますが、細かくたどると本当に様々な要因がからんできます。


肩甲骨が歪み、まっすぐな姿勢を保てずに背中が丸まり猫背になれば、バストは理想位置で保つことができずに下垂してしまうし、

猫背の状態で筋肉が硬直した(サビついた)ままの状態では、どんなに正しいつけ方でブラジャーをつけても、 バストを安定させることは難しくなります。

血流やリンパの流れが滞れば、冷えや首・肩コリを招き、 血液が運んでくる空気と栄養を受け取って生きている細胞は衰えてくる・・・そうなれば内臓機能も低下するし、ホルモンバランスも乱れ、 乳腺の発達も妨げられてしまうのです。

バストアップする乳腺刺激マッサージ

バストアップのポイントとして知っておきたい「乳腺」のことです。女性のバストは主に乳腺と脂肪でできており、乳腺を発達させることで乳腺の周りに脂肪がつきやすくなるのです。ここでは、乳腺を刺激して発達させるためのマッサージについて解説します。

乳腺への刺激がバストアップに繋がる
バストは母乳を作る「乳腺」、「脂肪」、そして乳腺と皮膚を繋ぐ「クーパー靭帯」、これらを支える「大胸筋」で成り立っています。このうちバストの大きさを左右するのが乳腺です。

妊娠したときは乳腺が女性ホルモンによって刺激され、発達することで、脂肪も大きくなってきます。つまり、妊娠していないときでも乳腺を刺激することで、バストを豊かにする作用が期待できるのです。

乳腺マッサージの方法
お風呂あがりなどの血流がよくなっているときに乳腺マッサージを行う習慣をつけ、豊かなバストを目指しましょう。バストマッサージはいくつかの方法がありますが、ここでは乳腺を刺激するマッサージをご紹介します。

左手を右のワキの下にあて、右のバストの下を通って谷間を撫で上げ、左のデコルテまで指を滑らせます。反対側も同じようにマッサージします。右乳房の上に左手を置いて、右胸の下に右手を置いて、左手は右のワキに向かって、右手は谷間の中心に向かって撫でるようにマッサージします。両手が乳房の周りで円を描くような状態になります。左も同じように行います。このマッサージをゆっくり10回ずつ、毎日行うようにしましょう。

バストをマッサージする際のコツ・注意点
バストマッサージを行うときは、力を入れすぎないようにします。力を入れすぎると、クーパー靭帯への刺激が強くなり、クーパー靭帯が伸びてしまう可能性があります。また、皮膚への刺激が強すぎないよう、指をなめらかに滑らせるという意味で、バストマッサージを行う際は、オイルやクリームを使用するとよいでしょう。

妊娠初期に胸をマッサージすると、子宮が収縮する原因になるので、妊娠初期は避けるようにしましょう。

豊胸手術は?

豊胸手術の種類

豊胸術には大きく分けて脂肪注入豊胸、シリコンバック豊胸、ヒアルロン酸豊胸の3種類があります。

脂肪注入豊胸は自分の脂肪細胞を胸に移植する方法です。入れた細胞がそのまま定着するというわけではないのですが、採取した脂肪に含まれる幹細胞が置き換わっていくことで胸の必要な部分に脂肪がつきます。

シリコンバッグ挿入法

ジェル状、液体の内容物が詰められたバック(インプラント)を挿入する豊胸手術です。内容物には、シリコンやコヒーシブシリコン、生理食塩水やハイドロジェルなどがあり、体質や骨格、乳腺や脂肪の形状や状態、さわり心地やなりたいサイズに合わせて適したものが選択されます。

現在主流となっているのはコヒーシブシリコンで、特にアメリカのMcGhan社が開発した安全性の高いバイオセルバッグが人気です。最近は日本国内でも取り扱う医療機関が増えてきているので、興味がある方はお近くの美容整形外科に問い合わせてみるとよいでしょう。

また、バッグを挿入する位置によって手術方法も「大胸筋下法」「乳腺下法」「大胸筋膜下法」などに分けられます。それぞれメリット・デメリットが異なりますので、自分がなりたいバストをできるだけ具体的にイメージした上で、医師のカウンセリングに臨むことをおすすめします。

バッグプロテーゼ挿入法のメリット

脂肪やヒアルロンと異なり、バッグは体内に吸収されることがないため、脂肪注入法やヒアルロン酸注入法と比較して、大きく形の良いバストを長期間保つことができます。また、バストアップ効果が高く安定性があり、形についての自由度も高めとなっています。

また、外科手術が必要となるため費用が高額になると考えられがちですが、1~2カップ程度のサイズアップであれば、他の手術よりも総費用が低く抑えられるケースが多いとされています。

バッグプロテーゼ挿入法のデメリット

メスを使用する手術のため、バッグを挿入する位置や医師の技術力によっては、傷口が大きく目立つ可能性があります。

また、術後に続けることになるマッサージなどのアフターケアの際、強い痛みや引きつりを感じるケースもあります。場合によっては強い痛みのあるマッサージを数週間続ける必要もあるので、手術前に医師と十分に相談しておきましょう。

その他、挿入したバッグが経年劣化する、破損して内容物が漏れてしまう、傷口などからの細菌感染などのリスクがあることも理解しておく必要があります。特に、バッグが体内で破損してしまった場合、バストが急激にしぼんでしまうだけでなく、早急な緊急処置や再手術が必要となる可能性があるので、万が一の際の対応策を確認しておくことも必要です。

バッグプロテーゼ挿入法にかかる費用

挿入するバッグの種類によって費用は異なりますが、50万円~120万円が一般的な相場となっています。人気のバイオセルバッグの場合は、90万円~110万円が目安となっていますので、参考にしてみて下さい。

脂肪注入豊胸のメリット

・見た目、触感が自然である
・自分の細胞である
・傷が小さくて済む
・必要ない部分の脂肪を取ることができる
・左右差の調整ができる

脂肪注入豊胸のデメリット

・脂肪が余っていない場合はできない
・一度の手術でだせるボリュームに限界がある

脂肪注入の場合、脂肪は自分の身体からとって胸に注入します。女性の多くはいわゆる、下半身太りを気にしていますので太ももの外側や後ろから脂肪を採取してきます。いらない部分の脂肪をボリュームが欲しい部分に注入するという一石二鳥と言える術式なのです。

脂肪注入に向いている人

しかし、この方法にも弱点があります。

まず下半身にも脂肪が無い場合は充分な胸のボリュームアップが難しくなります。
どのくらいの量の脂肪が取れるかの判断が重要になります。脂肪吸引の解説でも説明しますが、美しいボディデザインには適切な量を適切な部位から採取する必要があります。

脂肪がとれない、もしくは脂肪を取るとボディーラインが崩れる場合はヒアルロン酸豊胸やシリコンバッグ豊胸を行います。

皮膚に余裕がある人の方が脂肪注入豊胸に適しています。脂肪の定着には皮膚のハリが大きく影響します。授乳後にハリが無くなってしまった人などに行われる事も多いです。

一回の手術でのボリュームアップは2カップまでが限界だと感じています。それ以上のボリュームアップの場合は複数回注入をすることや、シリコンバックと脂肪注入を併用して行う方法を検討します。

ヒアルロン酸注入法


ヒアルロン酸注入法は、注射でバストへヒアルロン酸を注入するだけの簡単な手術のため、別名プチ豊胸とも呼ばれています。身体への負担が少なく、術後のダウンタイムも短くて済むことから「仕事の都合上入院はできないけれど豊胸はしたい!」という方でも手軽に受けられるという特徴があります。

従来豊胸に使用されていたヒアルロン酸は、半年~1年ほどで体内に吸収されてしまい、バストアップ効果の持続時間に問題がありましたが、現在は「SUB-Q」など粒子が大きなヒアルロン酸が開発され、効果の持続時間が数年単位にまで延びています。

使用するヒアルロン酸によって、仕上がり具合や感触、効果の持続時間に差があるので、術前に必ず担当医による詳しい説明を受けておきましょう。

ヒアルロン酸注入法のメリット

ヒアルロン酸は美容成分として知られる成分であるだけに、体内に注入してもアレルギー反応が出にくいという特徴があります。

また、注射器でヒアルロン酸を注入するだけの施術となるため、傷跡が残らず、入院や術後のアフターケアはほとんど必要ありません。

ヒアルロン酸注入法のデメリット

注入するヒアルロン酸の種類によってバストアップ効果の持続時間は異なりますが、およそ1~3年でヒアルロン酸が体内に吸収されてしまい、バストが元のサイズに戻ってしまいます。

ヒアルロン酸注入法のみでバストアップを持続させるには定期的な施術が必要となるので、ランニングコストをしっかりと確認しておきましょう。

加えて、粒子の大きなヒアルロン酸は吸収されきれず、バストの中でしこりになるケースも見られるので、長期経過に関しては医師と十分相談し、リスクを確認しておくことも重要です。

また、手術の手軽さから費用が安く済むように感じられがちですが、高品質のヒアルロン酸は単価が高いため、種類によっては高額の手術費用が請求されるので注意が必要です。もし、クリニック側から安いヒアルロン酸注入法の提示があった場合は、品質の悪いヒアルロン酸を使用している危険性もあるので、料金に関してはシビアに判断することをおすすめします。


術後のケア

豊胸後のケアについてはレントゲンやマンモグラフィー検査など乳がん検診も受けることができます。授乳にも問題ありません。


終わりに

最終的には、豊胸手術もいいんではないでしょうか?
マッサージもぜひお試し下さいね!

関連する投稿


本当に効果があった!自宅でできるバストアップ方法♡

本当に効果があった!自宅でできるバストアップ方法♡

本当に効果があると話題のバストアップマッサージをご存知ですか?育乳を本気で考えているあなたは今すぐチェック!


憎いたるみを解消できる!夢の様な最先端リフトアップ成分が話題!

憎いたるみを解消できる!夢の様な最先端リフトアップ成分が話題!

歳とともに気になり始めるたるみ。でもすぐに解消できる夢のような成分があるんです!


今年こそ理想のバストになる♡手軽な豊胸で脱貧乳する女子が増えています!

今年こそ理想のバストになる♡手軽な豊胸で脱貧乳する女子が増えています!

最近は手軽にできる豊胸が人気♡バストアップで自分に自信を持ちましょう!


バストアップするための習慣!もっと魅力的なバストに!

バストアップするための習慣!もっと魅力的なバストに!

バストが小さくて悩んでいる方、毎日の習慣でバストアップが期待できることをご存知ですか?水着になったり、彼と旅行に行く!なんて予定のある方は、これを機会にバストアップの習慣を始めてみませんか?


豊胸は信頼できるクリニックで!クリニックを選ぶポイントを抑えて理想の胸になりましょう!

豊胸は信頼できるクリニックで!クリニックを選ぶポイントを抑えて理想の胸になりましょう!

豊胸をするのは一大決心がいるますよね。そこで失敗しないためにクリニックは慎重に選びましょう。


最新の投稿


健康診断&人間ドックを横浜東口クリニックで受けてきました!

健康診断&人間ドックを横浜東口クリニックで受けてきました!

久しぶりに受けてきましたー! これから受ける方の参考になれば幸いです。


話題の飲む日焼け止め選ぶならどれ?

話題の飲む日焼け止め選ぶならどれ?

最新UV対策は体のなかかからのケア。塗り忘れる心配もない飲む日焼け止めが話題ですが、たくさんありすぎてどれを選んだらいいかわからないというほど。それぞれの特徴を選び方を紹介します。


審美歯科も身近なものに♡最近話題の「ルミネアーズ」とは?

審美歯科も身近なものに♡最近話題の「ルミネアーズ」とは?

歯の綺麗さでその人の印象が変わってきますよね。最近では審美治療を受けて、美しい歯になる人も増えています。そこで、痛くない審美歯科だと話題になっている治療法をご紹介します!



医療脱毛徹底比較!!~医療脱毛に失敗したくない方へ~

医療脱毛徹底比較!!~医療脱毛に失敗したくない方へ~

どうせ脱毛するなら医療脱毛をしたい!!医療脱毛に興味がある方も多いかと思いますが、クリニックが沢山あってどこを選べばいいのか分からない・・・そうお困りではありませんか?以前に比べたらリーズナブルにはなったものの、どうせお金を掛けるなら失敗したくないですよね。今回はおすすめの医療脱毛ランキングをご紹介致します♪